白菜

鍋料理の主役にもなる白菜食物繊維やミネラル、抗がん作用のあるイソチオシアネートが豊富で、煮物、汁物、炒め物、鍋料理、漬物(浅漬け・キムチ)等に使われます。お漬物にもどうぞ。

レタス

成分の95%が水分である淡色野菜だが、ビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素をバランス良く含んでいます。。サラダや肉料理のつけ合わせに欠かせない食材です。

紫キャベツ

紫キャベツの紫色は、抗酸化作用の高いポリフェノールの一種「アントシアニン」という栄養素によるもので、眼精疲労の改善や視力回復、老化の原因になる活性酸素の除去に役立ちます。さらに、紫キャベツは通常のキャベツよりも栄養価が高く、カロチンは通常のキャベツの2倍、ビタミンCは1.6倍含まれ、美肌効果抜群!

キャベツ

ビタミンC、Kが豊富に含まれています。ビタミンCは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があり、ビタミンKは血液の凝固促進や骨の形成に貢献しています。さらにビタミンUも含まれ、これは胃や十二指腸などに対する抗潰瘍作用があり、潰瘍の予防や治療に非常に高い効果があるといわれています。

九条ねぎ

緑の葉の部分には、栄養がいっぱい詰まっており、ガン予防に効果があるカロチンやビタミンBを多く含んでおり、
ねぎ独特の刺激臭と辛みは、消化液を分泌し、食欲増進、体を温める薬効があり、肩こりや冷え性の方にもおすすめの京野菜。

ほうれん草(大 赤芯緑葉)

ビタミン類、ミネラルともに多く、なかでもビタミンA(カロチン)・ビタミンB2・ビタミンCを多く含んでいます。
また、造血に必要な葉酸、鉄分も豊か!カリウムやヨードも多く、栄養的価値最高です。