新年 気合の堆肥作り!

IMG_02472015年最初のブログは私、佐々木が投稿させてもらいます。まずは簡単に自己紹介を1976年4月25日生まれの牡牛座です。愛知県長久手市出身。愛知高校、愛知学院大学卒の38歳。(もうすぐ39ですが・・・・)現在ベジタベの代表を務めさせていただいてます。街中やスーパーなどで見かけたら声かけてくださいね。野菜のご要望やご意見などいろいろ教えてください。今後のブログでも営業や各部門みんなを紹介していきますね。このブログでは農園内の作業や出来事をわかりやすくお伝えし私たちベジタベがどんな取り組みをしているかを少しでもわかっていただければ幸いです。

さて2015年も始まってはや2週間が過ぎました。ベジタベの中でも今頃から春先に必要なものの準備をしています。その中でも最も時間のかかる堆肥作りを始めました。弊社の堆肥は農園内で出た野菜くずや収穫の終わった野菜の茎などを使用します。今回はトウモロコシの茎と野菜くず、あとはスリランカより輸入したココピート(ココナッツの内皮)を使用して堆肥作りをします。


20150110_131243各々を積み上げ水分量を60%ほどにして発酵が始まるのを待ちます。水分を入れる時に弊社では微生物活性剤(ホルモン剤でも怪しい薬品でもないですよ)を入れて発酵を促します。

するとどうでしょう  1日で湯気が出始めました。

taihi今回は1月9日に堆肥の作成を開始して1月11日には上の写真のようになってきました。微生物の活動が活発になってきました。微生物が動くためには酸素が必要です。堆肥内の温度が70℃ほどになりますのでだんだん酸素が足りなくなります。その為5日後(約1週間)に切り返しを行います。切り返しは微生物がさらに動くように堆肥を混ぜ空気を入れる作業です。

作業風景は以下

image1湯気がかなりでてますねぇ~  発酵が進んでる証拠ですね~  うれしいですねぇ~  この時にも微生物活性剤を再度入れます。さらに切り返していくとこうなります。


堆肥1見た感じ温泉街のようですが硫黄臭はしません。アンモニア臭です。  つ つ つらい~  鼻をつまみながらもさらに切り返すと

堆肥2ひぇ~  なにも見えん・・・・・・・・

とこんな感じで作業は続いていきました。

そして今現在はこんな感じです。

IMG_0249

まだまだ発酵進行中です。おおよそですが堆肥が発酵するまでは70日間から90日かかります。今からも1週間に1回切り返しをして発酵を進めていきます。90日というと4月頃の完成予定。まだまだ見に乗りは長いですが皆様に安全な商品をお届けできるよう肥料作りも頑張っていきます。